flower

百合@新潟

2024akiko.com
スポンサーリンク

百合の歴史

日本でも、弥生時代にはすでに球根が食用にもなっていたことがわかっており、観賞用としても、奈良時代頃にはすでに絵画に描かれ、万葉集にもユリが詠まれるなど、古くから人々に愛されていました。
ユリの原種の分布を見ると、北半球の温帯地域を中心に、全体で100以上の原種が確認されており、アジア圏にはその半数以上が分布しています。
現在、切花の全国生産量上位の産地は新潟県。2位は高知県、3位は埼玉県となっています(令和3年度作付面積上位の産地より)


ABOUT ME
AKIKO TAKEMOTO
AKIKO TAKEMOTO
スタジオバンブー代表
ヘアデザイナーからイラストレーター&デザイナーに転身。理美容の経歴を活かしたイラストやパッケージデザインを多数手がける。 イラストは、アナログからデジタルまで幅広く対応しています。お気軽にご相談ください。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました